RIRAHII – PORTFOLIO

全力青年 – 子どもの頃の記憶を思い出し…

      2014/09/05

028653

今回は
「全力」とか、
「あの頃の気持ち」について、書いてみたいと思います。

まったりとした気持ちで読んでみてください。

スポンサーリンク

全力ってなんだ?

全力で行動すると、
結果がどうであれ
スッキリしますよね。

全力=「言い訳に使えそうな事すら、全てやっての結果」ですから、言い訳が出ない分、結果に納得できます。だからスッキリします。

まぁ、悪い結果なら普通に悔しいのですが(笑) でも、それは清々しいタイプの悔しさです。
スポーツ漫画で負けた相手が、「次は負けないからな…!」と言って、良きライバルに…みたいな感じでしょうか(笑)

悔しさをバネに、次に進めば良いのです。

よーし! じゃあ次も全力で頑張るか!

と思ったのですが、そもそも全力って何なのでしょうか?

ドラゴンボールのスカウターみたいにその人のパワーが測れれば、「全力」がどれくらいか分かると思うのですが…(笑)

とか何やら、
いろいろと考えたのですが、
僕は、「全力とは、想像力の限界まで行動することである」と思っています。

「もうこれ以上は出来なかっただろう」

と、その人自身が思えれば、それが全力なのだと思います。

僕の少年時代の話

ある、夏の日の出来事でした。

「なぁ、俺たち自転車でどこまでいけるかな?」

当時の僕たちの世界 = 地元だけでしたから、自転車で移動していた範囲も、当然地元だけ。そんな狭い世界に閉じこもっているのが嫌で、僕は友達に提案してみたのでした。

「なぁ、俺たち自転車でどこまで行けるかな? 行けるところまで、行ってみない?」

道が分からなくなったらどうしよう…。

遠くまで行きすぎて、帰りが遅くなったらどうしよう…。

愛の鐘までに帰れなかったどうしよう…。

お金が無いけど、昼ご飯は? 飲み物は?

心配事はいろいろあったけれど、それに勝るのは、僕らの好奇心。

夏の過酷な暑さにも負けず、僕らはただ闇雲に、「どこか遠い場所」を、目指してみることになったのでした。

ひたすらに自転車をこぎ、まずは地元を抜け出すことができました。地元を抜け出した時の僕らのリアクションは、ワールドカップでゴールを決めたサッカー選手に、匹敵していました(笑)

そうして、謎のテンションのまま自転車をこぎ続けるのですが、時期は真夏…水分が恋しくなってきました。

しかし僕らには、お金が無い。

僕らは、最短距離でオアシスを目指すことにしました。

やがてたどり着いたオアシス(隣町のデパート)のフードコーナーで、無料の水をグビグビ飲みました。今度は空腹を感じたので、試食コーナーで試食を食べまくり空腹を満たしつつ、試食販売員のおばちゃんに怒られ…(w)

その後は、おもちゃ屋の試遊コーナーでひたすら遊んでみたり、洋服コーナーで、マネキンと一緒に並んでポーズをとってみたり…。

気付けば、もう夕暮れでした。

PPG sangyoudourononarabugaitou500 mini

僕らは、おとなしく、来た道を引き返して地元に帰ることに。

今思えば、これが当時の僕の全力(想像の限界)だったのかなぁ、と思います。
ここから更に遠くの町へ進むことは、想像が出来なかったのです。

想像の限界=創造の限界

想像の限界を高めるには、
自分を高めるしかありません。

今の僕は、昔の僕よりもはるかに遠いところへ行くことができます。隣町どころではありません。なぜなら、あの頃よりもスケールの大きい想像が出来るから。当たり前ですね(笑)

ただ…あの頃の僕に「”全力” の度合いでは負けるかも…」と思ってしまったり。

想像のできる範囲は小さいけれど、できることに対しては、無我夢中に、猪突猛進に。

あの頃の僕は、
なにより自分に正直で、
自分のやりたいことに一生懸命でした。

でも、それから年を重ねるごとに、色々なしがらみが増えて…。

お金が無かろうが、暑かろうが、おばちゃんに怒られようが…みたいな、「何が何でも、自分のやりたいことをやる気持ち」は、あの頃に比べて、少し弱まってしまった。

それは「恥」とか、「世間体」とか、色々なものを知ったからでしょうか。 「怖いもの知らず」というのは、本当に強力なものです…(笑)

大切なのは、
「相手がどう思うか?」じゃなくて、
「自分がどう思うか」だろっ!

って、昔の自分に怒られそうです。

分かってるよぉ。 でも色々あるんだよぉ。

と、今の僕が弱音を吐けば、きっと彼はこういう言うでしょう。

「そんなのしらねぇ!」

「深く考えるな」って、彼は言うでしょう。

積み上げたものぶっ壊して 身に着けたもの取っ払って
幾重に重なり合う 描いた夢への放物線

紛れもなく僕らずっと 全力で少年なんだ
セカイを開くのは僕だ

スキマスイッチ – 「全力少年」

 - ライフデザイン

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
更新情報を受け取る follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ライバルの見つけ方とは?誰をライバルにするかで人生が変わる。

こんばんは。 「カニかま」が 「カニ」ではないことを知ったのは 中学2年生の秋で …

3ステップで自分の人生を終わらせる方法

こんにちは。RIRAHIIです。 今回は、「自分の人生を終わらせる方法」を3ステ …

人生における成功とは何か? 成功法則の嘘と本当について
どうしていいか分からない時の3つの対処法

僕がいつものように 歩みを進めていると、 突然ものすごい突風が吹いたのです! そ …

無意識や潜在意識の行動・考え方・人付き合いへの影響について

こんにちは、RIRAHIIです。 よく、誰かと接していたりすると、 「”なんとな …

迷った時の決断方法 〜 ハッキリさせるための5つの質問

最初の3匹を決めかねている間は冒険が始まらないように、何らかの選択肢の中で、どれ …

たった一つの質問で「見返りを求めない自分」になる方法

こんにちは。RIRAHIIです。 今回は、「見返りを求めない自分になる方法」につ …